神奈川県|横浜でファイナンシャルプランナーに相談するなら当事務所へ

【無料の企業PR広告】
■該当件数17件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 次へ>
TOP > 神奈川県 > 横浜の住宅ローン相談なら<水内FP事務所>

横浜でファイナンシャルプランナーに相談するなら当事務所へ


ファイナンシャルプランナー(FP)とは、資産運用、不動産、保険、年金、相続、税金等の知識を用いて個人の生活設計(ライフプラン)を総合的に提案します。
最近は、テレビや新聞、雑誌などでファイナンシャルプランナー(FP)という言葉を見るようになりました。しかし、多くの場合はファイナンシャルプランナーの得意分野であるファイナンシャルプランニングについて行っていないので、ほとんどの人が職務内容について誤解していると思います。
ファイナンシャルプランニングは、節約によって毎月の電気代が千円ういたとか、契約プランを変更して電気代が千円オトクとかの安っぽいものではありません。
欧米では、ファイナンシャルプランニングは世間的に知られていますが、日本では多くのファイナンシャルプランナー(FP)が普及活動をしているといったことからも分かるように、ファイナンシャルプランニングが認知されているとはいえません。

ライフプランとは、顧客が将来どうしたいといった希望をいいます。
例えば、子供の進学のこと、定年後はどのように暮らしたいか、住宅を購入するかどうか、ご主人に何かあった場合に遺族がやっていくにはどうしたらよいか、相続についてどうすればよいか等、誰もがもっているものです。
このライフプランを実行するためにお金にスポットを当てて実行をサポートするのがファイナンシャルプランナー(FP)です。

住宅ローン、保険の加入、老後資金の積み立ては、高額になることが多く、
見直しを適切に行うだけでもかなりの金額になります。
特に住宅ローンは、数百万、数千万円の差になることも珍しくありません。
ライフプランを立てるメリットは他にもあります。
例えば、これから住宅ローンを組んで住宅を購入する人がいるとします。
住宅ローンの返済金額については問題ないと思っていたら、子供の教育資金と合わせて考えてみると、進学させるのが厳しくなる可能性があるとか、老後に資産がなくなる可能性があるなど、総合的にお金の流れが見えてきます。

住宅ローンや教育費は金額と期間が分かるので、将来が把握しやすいです。
しかし、働きながらでも子供の教育時期と重なると、生活が苦しくなる家庭も多いと言われます。
また、教育時期が終わればその後は老後資金の準備もしなければなりません。
住宅資金を借り入れた後は、金利の状況に合わせて繰り上げ返済や借り換えをした方がいい場合もあります。

当事務所の相談場所は横浜駅の近くかお客様のご自宅やご指定場所となっています。
また、当事務所は独立系FP事務所ですので、特定の金融商品を扱っていませんので、特定の商品を勧めるといった行為は行っていません。安心してご相談ください。
東京、神奈川近郊のお客様は、お気軽にお問い合わせください。
将来の家計を総合的に改善できるようサポートさせていただきます。