地域フォーラムポータルサイト

地域フォーラムポータルサイト
企業PR
■該当件数1件中<1 〜 1を表示> 1

テレマーケティングのお仕事


テレホンアポイントメント、通称「テレアポ」昨今では、大規模な
コールセンターを設けて行っている会社もあれば、企業の各担当者が
新規開拓の名のものと個別に行うものまで多種多様に行われています。

今回は、金融機関で支店で金融商品のセールスのテレアポを行った私の体験を
ご紹介します。

私の場合は、コールセンターのようなシステム化されており、
電話をかける特定の相手が決まっていて、読み上げる内容まで自動で
生成される環境ではなく、帝国データバンクから取得した企業リストに
電話して、要件は何でも良いのでとにかくセールスへとつながるアポを
とるという環境でした。

対象は支店のある市内の企業300社でした。
商品が金融商品ということで、対象者としては社長か財務(経理)担当のみ
をターゲットとしました。

アポイント対象については全て新規先でした。
既存の取引先は対象に含まれていません。
一応、要件は何でも良いということでしたが、別の上席の社員の人が
アドバイスとして、初回のテレアポになるので、いきなりセールスの
連絡をしても相手にされないので、軽めの要件(会社紹介を含めたご挨拶や
現在の金融相場のご説明など)でアプローチを行うのが、よいのではないか、
ということで、軽めのアプローチで接触を行うことにしました。

軽めのアプローチで新規開拓のテレアポを行いましたが、
300社に電話を行った結果は、アポイントが取れたのは5社ほどでした。
初回アプローチとしては、そこそこといったところでした。
ちなみにほとんどの企業が社長・経理担当ともに不在が多かったです。
アポイントを取れた内容としては、「ご挨拶」で会ってくれた先が
ほとんどでした。

電話結果や会話相手等の情報は、社内システムに記録を残していき、
次回の接触へとつなげていきました。
「ご挨拶」で会ってくれた先には、また「現状の動向連絡」や
「おススメの商品説明」といった名目で次回につながることになりました。

余談ですが最初に電話をかけた企業先でいきなり「会社を縮小したので、
営業は結構です」と言われて断られたのは今でも記憶に残っています。